在宅仕事・アルバイト@情報館 | パソコン入力・高収入・女性など

△ トップページへ戻る

転職に関する情報をご紹介

「フリーで活躍できるスキル」は生活保障だ!

在宅仕事をしていると、新しいスキルに出会いことがたくさんあります。在宅仕事は、特定の会社に勤めるのではなく、「フリー」の立場として仕事をすることです。したがって、新しいスキルが身に付くほど、あるいは経験を積み重ねるほど、それはあなたの「生活保障」にもなるのです。

私の知人に、在宅仕事をしている人がいます。この人は、契約社員として昼間は働いていたのですが、残業がないことを利用して在宅仕事を始めたのです。そんな時、リーマンショックの影響で会社から契約を解除されたんですね。当然、他の契約社員やアルバイトの方は猛烈に抗議をしました。当たり前です。会社をクビになったら、その人たちは明日から生活できないのですから。しかし、どれだけ声を上げたとしても、会社からすれば「ない袖は振れない」のです。つまり、会社としてお給料を支払い続ける能力がない以上、どれだけ文句を言っても何も変わらないんですね。

ところが、私の知人はそれほど焦っていませんでした。この時、知人はすでに在宅仕事で月15万円ほど稼いでおり、節約をしていればギリギリ生活は出来る状態だったのです。また、契約を解除されたことで、より在宅仕事に打ち込める「時間」が出来たため、さらに自分のスキルを伸ばして頑張っていったんですね。

結果、契約を解除されてから1ヶ月後には月収が20万円を超えるようになり、今では「在宅仕事一本」で生計を立てているようです。

先日、この知人に会う機会があったのですが、「どれくらい稼いでいるの?」と聞くと、こっそりと「40万円くらい」と教えてくれました。在宅仕事はサラリーマンではありません。ボーナスもなければ社会保険もありませんし、退職金だってないのです。したがって、「月40万」は決して満足できる金額ではないのですが、少なくとも、この知人には「生活に困る…」という危機はないんですね。



▲このページの上部へ