在宅仕事・アルバイト@情報館 | パソコン入力・高収入・女性など

△ トップページへ戻る

転職に関する情報をご紹介

「+α」の収入が欲しい

「派遣社員」や「契約社員」の方にとって、満足のいくお給料をもらっている人は少ないことでしょう。企業からすれば、「安い労働力」を目的として派遣や契約社員を採用していますので、たくさんのお給料が出ることなどほとんど考えられないのです。しかし、現実の生活は待ってくれません。お給料が少なくても、その範囲内で生活する必要があるんですね。そこで、「+α」の収入を探す動きが多くなっているのです。

派遣や契約社員の方であれば、「月20万円前後」がお給料の相場だと思います。工場勤務などの肉体労働でも、「月30万円」が精一杯だと思います。「月30万円」あれば、1人での生活には十分でしょうが、配偶者や子供を養うのには十分とは言えませんし、また、派遣や契約社員である以上、ボーナスもなく、社会保障も少なく、さらに退職金だって出ないのです。これは正社員と比べて大きく不利ですね。年に2回支給されるボーナスだけでも、年間で100万円以上もの違いが出てくるでしょうし、退職金がなければ「退職→次の職場が見つかる」までの生活不安だって大きくなってしまいます。

そこで、上記のような「不安」や「不利」に対抗するため、個人で「社会保険」を作ることが大切になっているんですね。会社に「お給料を上げろ!」と言っても、素直に上げてもらえるわけありませんし、「それなら自分で給料を上げてやる!」という考え方です。この場合の「個人での社会保険」とは、まさに「副業」のことであり、「+α」の収入のことだと思ってください。

「+α」の収入を自分自身で確保するのは、一般的な考えからすれば「会社の雇用責任が機能していない」ということになり、「副業をしなければ生活できない」というのは、あなたの責任ではありません。しかし、いくら声を上げても状況が変わるのはもっと遠い先になるでしょうし、それまで我慢する義務はあなたにはないのです。だからこそ、働いている会社とは関係ない分野で「在宅仕事」を始めて、「+α」の収入を保険として作ることが大切なんですね。



▲このページの上部へ