在宅仕事・アルバイト@情報館 | パソコン入力・高収入・女性など

△ トップページへ戻る

転職に関する情報をご紹介

「派遣」や「契約社員」が増えている

「在宅仕事」は、最近になって若い世代の人を中心にとても注目されているキーワードです。以前であれば、それほど在宅仕事に注目が集まることはなかったのですが、なぜ今になって注目され始めたのでしょうか?

まず、労働形態として「派遣」や「契約社員」が急増したことが挙げられます。小泉純一郎氏が日本の首相だったころ、「労働派遣法」という法律が大幅に改正され、これまで一部の業種に限定されていた「派遣」が、様々な業種で可能になったのです。派遣社員は、会社からすれば「ありがたい存在」なのでしょう。なにせ、正社員と同じ仕事をさせておいて、それでもお給料や社会保険などは大幅に削ることが出来るのですから。

このことから、今ではほとんどの会社が派遣社員や契約社員を採用しており、「切られやすい」という社会問題を引き起こしているにもかかわらず、ここまで派遣や契約社員が会社の「ビジネスモデル」に浸透してしまった以上、いきなり禁止にすることなど出来ません。もし、急に派遣や契約社員を禁止にしてしまうと、日本の多くの企業が経営危機になり、これまで以上にリストラや経費削減が加速することだと思います。

しかし、派遣や契約社員には、正社員にはない大きな「メリット」もあるのです。それが「時間の有効活用」です。派遣や契約社員の場合、残業が正社員より少ないというメリットがあるんですね。特に「派遣」は残業が少ない労働形態と言えるでしょう。

したがって、空いている時間を利用して、派遣社員である「不安」を在宅仕事によって埋めようとする動きが活発になっているのです。こうすることで、在宅仕事の収入がわずかであっても、収入源を「多角化」させることができますし、収入源の多角化は「精神的な強み」になるものです。

「派遣や契約社員に関しては、法律的な枠組みを変えるべきである」というのは、私自身も賛成です。しかし、現実的に一気に変えることは難しいですので、それなら在宅仕事などを始めて、派遣や契約社員であるメリットを生かした社会活動をすることも、賢い方法だと言えるでしょう。



▲このページの上部へ